家事ラク住まい

家事は365日休みがないですし、高齢になった時も続けなければならないだけにいかに効率よく家事を行うことができ、体に負担がかからず行えるかということがポイントです。そこで家事動線を集約させるのです。

家事の中心はキッチンです。キッチンからの家事動線を短く、そして移動しやすいようにしておくことで家事の効率が高められ、家事の時短を実現できるのです。例えば、キッチンの真横にダイニングを配置します。一日三度ある食事の支度は、キッチンとダイニングの動線が重要です。キッチンの真横にダイニングを配置することで動線が短くなるだけでなく、横移動で移動のスムーズさを確保できます。配膳や食後の片付けがスムーズに行えますし、家族にとってもキッチンという空間が身近に感じられ、積極的にキッチンへ足を運びお手伝いをしてくれるようにもなるのです。

そして、家事を行う上で一番よく行き来を行うのが、キッチンと洗濯機を設置している洗面室です。この洗面室もキッチンの横に配置します。キッチンで朝食の支度をしながら洗面室で洗濯作業を行ったり、夕飯の支度をしながら入浴の事前準備を行うことも多いです。これら二つの空間で同時に2種類の家事を行うことも多いだけに、動線が短いことで効率よく2種類の家事を行いやすくなるのです。

洗面室・キッチン・ダイニングと横一直線に家事の要のとなるものを配置したことで家事動線が集約され、家事の効率が高められるのです。これなら高齢になっても体に負担もかかりにくいですね。

Comments are closed.

This entry was posted on 水曜日, 5月 23rd, 2018 at 3:23 PM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.