住宅ローン

 住宅を購入する際には住宅ローンを利用する人がほとんどだと思います。
住宅ローンを組む際に大部分の人が借りられる額のことばかりを考えてしまいがちですが、本当に大切なことはいくらなら無理なく返済できるかという返せる額をきちんと把握しておくことなのです。
この返せる額を決めるポイントはまず、退職までにローンを完済できる期間で借りることです。
住宅ローンの返済期間は最長の35年で組むケースが多いです。
長く組むことで月々の支払いが軽くなるからです。
しかし、退職後は65歳から支給される公的年金以外に収入がなくなる人が多いため、退職までに完済できる返済期間で借りることを目標としておきましょう。
次に、維持費を含めて今の家賃額程度に月の支払いを抑えておくことです。
各家庭によってライフスタイルやお金に対する考え方は異なります。
そのため安心できる返済負担率は違ってくるのです。
そこで、今の家賃に共益費や駐車場代などを加えた住居費を上限額として、住宅ローンの返済額と購入後の維持費を加えた額がその範囲内に収まるように支払い額を抑えておくといいのです。
夢のマイホームを手に入れても毎月の返済に追われるような暮らしでは意味がありませんし、心底マイホームを満喫しているとも言えません。
さらにはかしこく金利を選択することも大事です。
金利の種類は大きく3つに分けられています。
まず、借り入れ当初の金利が返済終了までずっと続く全期間固定型です。
金利上昇の心配はないのですが、金利は最も高めです。
次に、3年・5年・10年など一定の期間だけ金利を固定できる固定期間選択型です。
固定期間が短いほど金利が低いのが一般的です。
最後に、変動型です。
金利は原則半年ごと見直され、返済額は5年間変わりません。
額がアップしても1.25倍までです。
これらを踏まえて、かしこく住宅ローンを組み、毎月無理なく支払い続けられるようにしておきましょう。

Comments are closed.

This entry was posted on 土曜日, 4月 13th, 2019 at 11:21 AM and is filed under 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.